サクラを見極めよう!

サクラを判別する

「出会い系なんてサクラばっかり」
「どうせ騙してくる人たちばかりなのでは?」
と思っていませんか?
ネットを介しての出会い系は、必ずと言っていいほどサクラが存在しています。一昔前まではサクラが当たり前の時代でしたが、今ではサイト側の規制がかなり厳しくなりサクラをしようとする人はかなり減りました。
しかしまだまだいるのが現実…。
近年では女性がサクラ行為をすることもあるのです。ここでは純粋に出会いを求めている男性の天敵である、サクラの見極め方を紹介していきます。

厄介なサクラの見極め方は簡単?!

出会い系やマッチングアプリに蔓延しているサクラですが、実は見極め方はいたって簡単なのです。
それは出来過ぎている人、出来過ぎ君状態の人がサクラといえます。
例えば顔が整いすぎている、または「エッチしたいな」を連呼しまくっているなど男性の欲望をくすぐるような女性は100%怪しいといえるのです。
またプロフィール画像が「プロのカメラマンに撮ってもらったの?」と思えるような出来になっている人も、怪しいといえるでしょう。
ネットから画像を拾ってきた可能性があります。

男性にとって最終的に女性へ求めているのは、セックスのはず。純粋に出会いを求めている人もいますが、サクラは絶対に会おうとしません。
「会おうか」の「あ」の字も言わないほど、頑なに拒否し続けるのがサクラです。

サクラではない女性とやりとりをしているのであれば、アプリやサイトに課金しているあなたを気遣ってLINEや他のフリーメールアプリに切り替えるはず。
しかしサクラはポイントを無駄に使わせようとしてくるので、他のアプリやサイトには移動したがりません。

サクラと業者の違いを理解しよう

サクラと業者の違いを知っていますか?
サクラは男性が女性のフリをして、男性とやりとりをしてサイト側からお金を貰っている人たちのことを指しています。
逆に業者とは、サクラに似ていますが報酬をもらっていないというのが特徴的。
報酬を貰っていないかどうかは、正直グレーゾーンですがサクラよりはまだマシといえます。
その理由は、ただ単にサイトを盛り上げるための存在でしかないから。
「有料会員になれば私とやりとりできるよ!」と言わんばかりの存在を放っているのが、業者です。
やりとりもできますが、サイト側の人間の可能性が高いので2~3通で終わってしまうのがオチです。

見極め方はBot化している、話がかみ合っていない、内容がちぐはぐ、言う言葉が固定化されているといった見極め方があります。

キャッシュバッカーはサクラよりたちが悪い?

出会い系を使っているユーザーの中では、サクラよりもたちが悪いといわれている存在がいます。
キャッシュバッカーと呼ばれている人達は、大半が女性です。
サクラ行為をしているのは女性に扮している男性ですが、キャッシュバッカーは女性が大半を占めています。
出会い系サイトやアプリを使って、男性と長い間やりとりをして最終的には「会えない」と言ってくる人たちです。
「メールでのやりとりから親しくなりましょう」「大人の関係をもちたいな♪」と手口はサクラと似ています。
しかし本物の女性がやりとりしているケースが多いので、見極めづらいのが現状なのです。

少しでも「おかしいな」「この子俺と出会う気なさそうだな」と思ったら、サッと次の女性を見つけた方がいいといえます。